運営団体

ゆめとぴあ代表

すぎやまゆうこ
漫画家、映画監督、NPO法人FILMe あーすりんく代表

 

14歳の時「こどもの成長をアートで育み、幸せな未来を作ることが、自分の天職だ」と考え、子供に夢を与えるため、漫画を書き始める。女子美大在学中、22歳に、アテナ新人漫画賞受賞「別冊花とゆめ」で漫画家としてデビュー。

映像、アニメーション制作、NPO活動など、漫画とリアルの融合を模索し続け、10年の試行錯誤の結果「おんがく紙芝居」と言う新たなジャンルでワークショップを開催。
自分の足で街を歩き、自分の眼で世界を見つめ、自分の耳で物語を聴き、絵を書き、心を声で表現し、世界を表現する。

日本独自の文化である紙芝居に、ライブで音楽やパフォーマンスを加え、新たな息吹を吹き込もうとしている。

アートとワークが融合する多世代の理想郷を「ゆめとぴあ」と名付け、「才能発見!ゆめぴっく」(コンテスト)、「ゆめとぴあフェスタ」(発表会)、「しもきたcinéma」(上映会)など、地域に根付いた活動を続けている。

また、こども食堂、こどもキッチンなど、無農薬野菜で美味しい食事をみんなで囲みながら多世代の交流活動も行っている。

【お問い合わせ】

ゆめぴっく関連:yumepicinfo@gmail.com

こども食堂関連:npoearthlink@gmail.com

3日以上経過してもお返事がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。080-4116-0088(すぎやま)

本団体に関係する企業・個人は、「子供の未来を考える大人」が任意で集まった、非営利団体です。

スクリーンショット 2019-05-22 1.19.19.png